【おすすめiPadスタンド】

【Excel】エクセルで列や行の同じデータを削除・重複を取り除く方法

  • URL Copied!

たくさんのデータが同じ列にあるとき、同じものをひとつひとつ削除するのは面倒ですよね。

空白のセルがたくさんあるときも憂鬱です。

このページでは「エクセルで列や行の同じデータや空白セルを削除・重複取り除きの方法」を調べてまとめました。

ページの内容リンク

要点ポイント

  • たくさんある重複を取り除きたい時
  • たくさんある空白セルを削除したい時
  • ひとつひとつ修正するのは手間がかかる時

[st-step step_no=”1″]重複を削除したい列・行などの範囲を選択[/st-step]

対象の列・行を選択します(エクセル)

対象の列・行を選択します(エクセル)

重なっているセルを削除したい対象の列・行を選択します。

 

[st-step step_no=”2″]「データ」→「重複の削除」[/st-step]

データ→重複の削除

データ→重複の削除

エクセルのメインメニューから、「重複の削除」を選択します。

重複というのは、同じもの、同じ文字列、同じ値のデータです。

重複削除ツール

重複削除ツールダイアログ

[st-step step_no=”3″]すべて選択しOKを押す[/st-step]

重複の削除ツールのダイアログのなかで、OKを押します。

範囲を選択したときに、一番最初の行や列が「データの見出し」の場合はその部分を対象から外すことができます。

「先頭行をデータの見出しとして使用する」にチェックを入れておくとたとえ重複があっても削除されません。

[st-step step_no=”4″]重複削除の実行[/st-step]

重複削除の実行を行うと重複していたのがトータルで何個あったのかがわかります。

重複していた個数を教えてくれる

重複していた個数を教えてくれる

削除の処理が終わると「重複する○○個の値がみつかり削除されました」とのメッセージと、「一意の値が100個残っています。」のダイアログが出ます。

一意の値というのは、最終的に残ったものです。

まとめ

  • たくさんある重複を取り除きたい時
  • たくさんある空白セルを削除したい時
  • ひとつひとつ修正するのは手間がかかる時
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!