HUAWEI(ファーウェイ)

HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)の利点は左右2画面作業・ライターやプログラマーにおすすめ

投稿日:

HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」をしばらく使っているガジェヒトでは、ひとつのメリット・利点が見えてきた。

それは「左右2画面作業」がとても快適だということだ。

HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」は、複数のウィンドウをひらいて作業をしないといけないライターやプログラマーにおすすめかもしれない。

当ウェブサイトが「HUAWEI(ファーウェイ) MateBook 13」を購入した日にトランプ大統領に「HUAWEI(ファーウェイ) 」を締め出し喰らいました。今後どうなるかはさておき・・・どうなるんでしょうか・・・

要約ポイント

  • HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」の画面サイズは解像度2160 x 1440の比率
  • Macbookと比較しても少し白銀比に寄せた比率になっています
  • 左右2画面作業がやりやすく、ライターやプログラマーにおすすめ

画面サイズ

HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)の利点は左右2画面作業・ライターやプログラマーにおすすめ

HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)の利点は左右2画面作業・ライターやプログラマーにおすすめ

HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」の画面サイズは解像度2160 x 1440の比率になっています。

同様の「Mackbook」の13インチモデルと比較しても、若干サイズが違いますね。

HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」は「Mackbook:2,560 x 1,600/16:10アスペクト比」と比較しても少し白銀比に寄せた比率になっています。

快適な左右2画面作業

実機を使ってみた感想ですが、「HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」左右2画面作業がやりやすく、ライターやプログラマーにおすすめです。

左右二画面でMatebook13を使う

左右二画面でMatebook13を使う

Windows10の機能で、画面のウインドウを簡単に並べたり、分割させて配置させたりする「スナップ機能」というのが搭載されています。

この「スナップ機能」で簡単に実現できる「左右2画面」が調べ物をしながら作業をしたり、同時になにかをやる時に最適なのです。

具体的に見ていきましょう。

左右2画面ウインドウのメリット・デメリット

単一ウィンドウでパソコン作業をすると、他の情報が目に入ってこないので「眼の前の作業に集中することができる」という点がメリットですよね。

ですが、ライティングやブログなど、文章を作っているときはウェブページやPDFなど「資料」を見ながら書きたい!という人も必ずいます。

そこで登場するのがWindows10「スナップ機能」です。

「左右2画面」のバランスも調整できる

「左右2画面」のバランスも調整できる

左右2画面」のバランスも調整できるので、左側にPDFや資料、ウェブサイト、情報源にしている論文、Twitterのタイムライン検索なんかもみながらやりたいときはありますね。

右側ではWordPressの編集画面や、テキスト作成のエディタソフト、ウェブデザインをする人ならコード画面などを用意すればノートパソコンが弱点とする「なにかを参照しながらの作業」がとても快適に行うことができるのです。

ノートパソコンが弱点とするのは視界の狭さ

そう、今までデスクトップパソコンでの作業と、ノートパソコンでの作業をそういった比較をしたことはありませんか。

どうしてもノートパソコンは画面が狭くなってしまうので、デスクトップパソコンの時の作業と比べて「ディスプレイが狭くなるので見られる情報が減る」のです。

といっても、ディスプレイが大きすぎるノートパソコンは逆に重たくなりますしね。一長一短です。

HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」はフレームギリギリの枠までディスプレイになっています。

そのため大きく画面を使えるので「HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」で左右2画面作業をしてみると、そのへんのノートパソコンで感じた「画面の狭さ」をほとんど感じないのではないでしょうか。

まとめ

  • HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」の画面サイズは解像度2160 x 1440の比率
  • Macbookと比較しても少し白銀比に寄せた比率になっています
  • 左右2画面作業がやりやすく、ライターやプログラマーにおすすめ

ファーウェイの機器なので、いろいろとリスクを言われますが性能はピカイチ。

特にiCore7の機種を購入しているので「HUAWEI MateBook 13(メイトブック13)」は快適に動いています。

今後の世界のファーウェイの扱われ方については注意が必要ですね。

-HUAWEI(ファーウェイ)

Copyright© ガジェヒト , 2019 All Rights Reserved.